BLOG ブログ

2021.10.09

お金の話 『公的年金』

こんにちは!

ラベルレス炭酸水を某サイトから頼むのにハマった西村です!

 年金シリーズ第二弾!
『公的年金』についてです。

前回、『公的年金』は

『公的年金』…国民年金や厚生年金として知られる、国が支払う年金です。

前者の年金は「老齢基礎年金」、後者は「老齢厚生年金」という名称が

ついています。

また、遺族年金や障害年金といった通常とは異なる年金もあります。

という説明をしました!(上記の記事→https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-02.html )

そこで、今回は「老齢基礎年金」について見ていきます。

「老齢基礎年金」…保険料納付済期間と保険料免除期間などを合算した受給資格期間10年以上ある場合に、65歳から受け取ることができます。(日本年金機構HPより抜粋)

ただし、年金額を減額して繰り上げ支給したり、逆に、

年金額を増額して繰り下げ支給したりすることも出来ます!

 

また、学生納付特例制度という、20才以上の学生の方で年金の納付が難しいときには、

納付が免除される制度もあります。

ただし、免除された納付額分、支給される年金額は減ってしまいます。そこで、特例制度使用後

10年以内でしたら「追納」という形で免除された納付額を納めることが出来ます!

 

すでに制度を利用されている方も、追納を考えてみるのも良いかも知れませんね!

 

現在、実際に支給される年金は、満額納付された方で年額『780,900円』です!

月額に換算すると、65,075円です。

これだけで生活するのは厳しそうですね…

 

今回見ていった「老齢基礎年金」は国民皆が納める必要がある基礎的な年金です。

そのため、他の年金制度から年金支給額は増える人が多いです。

 

次回はもう一つの公的年金、「老齢厚生年金」を見ていきます!

なかなか難しい話題ですが、考えるきっかけになってもらえればと思います。

 

西村

 

ブログ一覧に戻る